病原体

バルトレックスは従来薬に比べて半分の服用回数でヘルペス治療を実施出来る治療薬です。臨床試験ではヘルペスへの有効性が約96%となっており、非常に高い効果を持つことが示されています。性器ヘルペスに感染した後の再発抑制作用も大きく、いくつかのヘルペス症状を併発している方にもうってつけです。バルトレックスの有効成分となっているのがパラシクロビルです。このパラシクロビルは単純疱疹や帯状疱疹などに効果が現れます。

バルトレックスは従来薬よりも高い吸収効率を持ちます。そのため、少ない服用回数でしっかりと効くという特徴があります。パラシクロビルは体内で代謝された後にアシクロビルに変化します。従来の治療薬ではアシクロビルを直接的に配合しているものが多かったですが、そのアシクロビルが代謝されて効果がさがってしまうこともありました。しかし、バルトレックスにはパラシクロビルの状態で配合がなされており、代謝されたときにアシクロビルになるような作りになっています。そのため、身体の代謝によってその効果が損なわれることはありません。帯状疱疹や水ぼうそうを治療する際にはバルトレックスを7日から10日ほど服用することが有効です。早めに治療を開始すれば、神経痛などの後遺症も抑えることが出来ます。バルトレックスにはヘルペスウイルスのDNA複製を阻害する効果があります。DNA複製が阻害されることによってウイルスは増殖が困難となり、やがて死滅していきます。人の細胞やDNAに影響を与えずに治療を行えるので安心です。

バルトレックスは飲み方も簡単なので、幅広い方にとって使用しやすい治療薬と言えるでしょう。治療としてバルトレックスを使用する場合には1日に2回飲みます。再発を予防するために飲む場合は1日に1回で問題がありません。服用間隔を12時間空けるという注意点はありますが、それ以外に細かいタイミングは決められていません。食前や食後でなくても飲むことが出来ます。ただし、胃酸の分泌があった方が吸収率が高まるので、なるべく完全な空腹時は避けるようにしましょう。バルトレックスは継続的に飲むことで効果があります。服用期間については症状によって異なりますが、最低でも5日以上は飲む必要があります。ウイルスの増殖が最も盛んとされる感染から発症初期に飲むことが出来れば、より一層高い効果を発揮します。そのため、なるべく早期にバルトレックスの服用を開始することが大切です。

記事一覧
ヘルペスは血液検査では診断されにくい?再発性の場合は特に注意! 2020年04月23日

ヘルペスには他の病に似た症状も多いので、その症状が実際にヘルペスウイルスによるものかどうかについて検査することもあります。検査の中でも最も簡易に行えるものの1つが血液検査です。ヘルペスウイルスに感染しているときには免疫をアップさせるために白血球の数に増えることがあります。そのため、血液検査を行うこと...

バルトレックスの値段はどのくらい?安く買う方法はある? 2019年12月01日

バルトレックスの値段はショップによって大きく異なりますが、おおむね1錠あたり500円前後となっています。これは500㎎錠の場合です。1,000㎎錠の場合では1錠あたり550円ほどになります。つまり、500㎎錠でも1,000㎎錠でも薬価にそれほどの開きはありません。ではせっかくなら多い方が良いのではと...

バルクロビルを服用するときの効果は?即効性や対応症状について知っておこう 2020年03月15日

バルクロビルの薬効を考える上で重要となるのがヘルペスウイルスの動きです。ヘルペスウイルスは神経細胞などに寄生し、そこから栄養を得ることによって生命をつなぎ、どんどんと増殖していきます。神経細胞はターンオーバーを何度も繰り返すことによって古い細胞がいずれ剥がれ落ちますが、そのころにはヘルペスウイルスが...

ヘルペスウイルスはアルツハイマー病の原因になる?ウイルスの種類に注意 2020年01月15日

ヘルペスウイルスがアルツハイマー病に関与している可能性があるとの研究結果が発表されています。アルツハイマー病は不可逆的な進行性の脳疾患であり、記憶や思考の力が徐々に失われていくことに特徴があります。悪化すると日常生活の中での単純な動きも出来なくなります。そんな恐ろしい病とヘルペスウイルスが関係してい...

バルクロビルはバルトレックスのジェネリック!個人輸入する方法と注意点 2020年02月18日

バルクロビルはバルトレックスのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは先発医薬品のあとに開発された医薬品のことであり、開発費が抑えられていることから値段が安いという特徴があります。バルクロビルとバルトレックスに配合されている主成分はどちらもバラシクロビルでるため、同等の効果を期待することが出来...

性器ヘルペスと口唇ヘルペスでは原因のウイルスが違うことを知っておこう! 2020年01月30日

口唇ヘルペスと性器ヘルペスを引き起こすのはどちらも単純ヘルペスと呼ばれる種類ですが、その単純ヘルペスは1型と2型に分類することが出来ます。このうち1型に分類されるのが口唇ヘルペスを引き起こすウイルスであり、性器ヘルペスは2型によって引き起こされるので明白な違いがあります。1型をHSV1、2型をHSV...

口唇ヘルペスと手足口病は症状が似ている?両者の違いについて知っておこう 2019年12月31日

ヘルペスと間違われやすい病気の1つとして手足口病があります。手足口病は口腔の粘膜や手、足などに水疱性の発疹が現れる病です。この病気を引き起こすのはエンテロウイルスであり、ウイルス性の感染症という点でヘルペスと共通しています。ヘルペスとの大きな違いの1つは水疱の表れる箇所です。ヘルペスの場合は唇や性器...

痒みや痛みに要注意!ヘルペスを疑うべき症状と感染した時の対応法 2019年12月14日

ヘルペスウイルスに感染するとしばらくの潜伏期間が発生します。その潜伏期間の間に少しでも免疫が落ちると症状が現れます。具体的には症状としては小さな水ぶくれ、かゆみ、痛みなどが挙げられます。水ぶくれが出来るまでにピリピリ、チクチクとした症状が発生することも多いです。再発を繰り返している場合、前兆を感じや...