バルクロビルを服用するときの効果は?即効性や対応症状について知っておこう

バルクロビルの薬効を考える上で重要となるのがヘルペスウイルスの動きです。ヘルペスウイルスは神経細胞などに寄生し、そこから栄養を得ることによって生命をつなぎ、どんどんと増殖していきます。神経細胞はターンオーバーを何度も繰り返すことによって古い細胞がいずれ剥がれ落ちますが、そのころにはヘルペスウイルスが増殖しているので新しい細胞にもすぐにウイルスが寄生します。このように瞬く間に増殖をすることによって、肌のターンオーバーや免疫に対抗しているのがヘルペスウイルスの特徴です。ヘルペスウイルスを減らすためには増殖のペースを超えて除去するか、増殖をさせないかのどちらかを行う必要があります。しかしながら、増殖のペースがあまりにも早いのでそれ以上のペースで駆除するのは困難となっています。そこでバルクロビルに備えられているのがウイルスの増殖を阻害する機能です。バルクロビルを飲むとウイルスのDNAの複製を阻害することが出来ます。DNAの複製が阻害されると、DNA自体が増えられなくなります。増えられなくなったウイルスは徐々に弱っていき、最終的には取り除かれることになるので、バルクロビルを使うことで治療することが可能です。ウイルスの増殖を抑える効果が出ることにより、ヘルペス症状の悪化を食い止めることも出来ます。

この治療薬は口唇ヘルペスに対して一定の即効性を持ちます。出来てしまった水疱をすぐになくすことは出来ませんが、水疱の原因を作ったウイルスに作用します。そのため、新しい水疱が出来る確率は下がると言えるでしょう。性器ヘルペスに対しては再発防止の持続性を発揮します。バルクロビルを継続して飲むことにより、再発してしまう可能性を大幅に下げることが出来ます。バルクロビルは服用頻度を1日3回にすることにより、水ぼうそうなどの治療にも使用することが出来ます。

バルクロビルは幅広いヘルペスの症状に効果を発揮します。例えば、口唇ヘルペスと性器ヘルペスを起こすヘルペスウイルスは厳密には異なりますが、バルクロビルはどちらにも効果を発揮します。バルクロビルにはそれほどたくさんの副作用はありませんが、頭痛や眠気などといった症状が発生することもあります。これは薬が正常に作用していることの裏返しです。そのため、基本的に問題はありませんが、日常生活を通常通り行えなくなる場合には服用を中断し、必要に応じて医師の診断を受けるようにしましょう。