口唇ヘルペスと手足口病は症状が似ている?両者の違いについて知っておこう

カプセルのケースと葉

ヘルペスと間違われやすい病気の1つとして手足口病があります。手足口病は口腔の粘膜や手、足などに水疱性の発疹が現れる病です。この病気を引き起こすのはエンテロウイルスであり、ウイルス性の感染症という点でヘルペスと共通しています。ヘルペスとの大きな違いの1つは水疱の表れる箇所です。ヘルペスの場合は唇や性器、角膜など皮膚のデリケートな部分に水疱が出来ることが多くなっています。しかし、手足口病の場合は手や足といった角質の多い箇所にも水疱を生じます。水疱の量が多く、発生範囲が広いのが手足口病の特徴です。

発生する年齢層にも大きな違いがあります。ヘルペスは幅広い年代の方に起こる可能性があり、年齢による差はそれほどありません。一方で手足口病は0歳から4歳までの幼児を中心に発生します。季節性もあって夏場になると流行しやすいという特徴を持ちます。一度ウイルスにかかると抗体が出来るので再発することは少ないです。ヘルペスの場合は抗体を持っていたとしても再発することが多く、この点にも明白な違いがあります。

この病気は水疱が治まってもかさぶたが発生することはありません。手足口病にかかると髄膜炎、小脳失調症。AFP、脳炎などが合併症として発生することがあります。ヘルペスにも合併症は存在しますが、その内容が手足口病とは異なっています。手足口病はヘルペスと異なり、ウイルス自体を効率的に減らす薬はありません。抗ヒスタミン剤などを使い、症状を抑えながら自然に回復することを待つ必要があります。その間にも発熱、発汗などによって体内の水分がどんどん失われていくケースも少なくありません。それゆえに水分補給は非常に重要となります。ヘルペスに比べると全身の病となることが多い点にも注意が必要です。

どちらの感染症の場合も内服薬によって治療していきますが、使用する薬が異なります。それゆえにどちらにかかっているかについては正確に調べる必要があります。病院で検査を受けてウイルスの種類を特定することが出来れば、どちらの病を発症しているかがすぐに判明します。いずれの場合でも感染力があるため、感染拡大を防ぐことも大切です。感染症の治療にはステロイド薬を使うべきかどうかについて意見が分かれており、自己判断でステロイド薬を使うことにはリスクがあります。手足口病と疑われる症状が出た場合は医師の診断を受けてから、使うべき治療薬を判断しましょう。